AppSeedのアプリ開発ブログ

アプリ開発会社AppSeed(アップシード)開発担当のブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsや備忘録、アプリ開発に役立つ情報を発信します。

Google Playの広告掲載のポリシー変更に関する対応のメモ

Google Playの広告掲載のポリシー変更に関する対応のメモ

昨年 7 月に発表いたしましたとおり、広告掲載のポリシーの変更によりセキュリティとプライバシーがさらに強化されました。ユーザーが広告 ID を削除することを選択した場合、デベロッパーが ID にアクセスしようとすると、ID の代わりにゼロの文字列が返されます。この動作は 2022 4 1 日よりスマートフォンタブレットAndroid TV にも適用されます。

また、お知らせしましたように、アプリの対象 API レベルを 31Android 12)に更新する場合は AD_ID 権限の申告が必要となります。こちらにつきましては、先日お伝えしたとおり、デベロッパーが移行に時間をかけられるよう猶予期間を設けます。アプリが、Android 12 以降ではなく、Android 13 を対象にできる場合は、この権限の申告が必要となります。

Android 13 以降を対象とするアプリで、広告 ID を使用する場合は、AD_ID 権限を申告する必要があります。権限を申告していないアプリには、ゼロの文字列が返されます。

最近、GooglePlayから上記のメールが届いたのですが、具体的にどんな対応をすればいいのかいまいちわからなかったので、調べた結果をまとめておきたいと思います。

 

AdMobのSDKを導入していれば対応不要の場合あり

support.google.com

Google Mobile Ads SDK(play-services-ads)など、一部の SDK では、SDK のライブラリ マニフェストですでにこの権限を宣言している可能性があります。アプリがこれらの SDK を依存関係として使用している場合は、アプリのメイン マニフェストで権限を明示的に宣言していなくても、デフォルトで、SDK のライブラリ マニフェストの AD_ID 権限がアプリのメイン マニフェストと統合されます。マニフェスト ファイルを統合する方法について詳しくは、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

上記によると、AdMobのSDKでは今回の広告ポリシー変更関連の対応は既に行われているらしいです。

ただし、導入されていない場合もあるのでチェックが必要ということらしい。

僕の場合、基本的にAdMobしか使ってないので大丈夫な可能性が高い。

 

AdMobのSDKを導入済みで対応不要かチェックする方法

AdMobのSDKを導入済みだけど、対応不要かいまいちわからなかったので、チェックする方法を調べたところ、以下の方法でチェックできるようです。

 

1.Google Playの管理画面でアプリのApp Bundleの右端矢印を選択する

2.アプリの権限の中に「com.google.android.gms.permission.AD_ID」が含まれていれば対応不要

Google Playの広告掲載のポリシー変更に関する対応のメモ

権限にAD_IDが含まれていれば対応不要らしいです。

今回調べたアプリには含まれていたので対応不要でしたが、他のアプリでAdMob SDKは導入済みでも権限にAD_IDが含まれていないものがあったので、それらのアプリはSDKのアップデート等が必要だと思います。

 

 

お知らせ

ミステリー脱出ゲーム「呪いの密室」を最近リリースしました!

もしよろしければダウンロードお願い致します!

app-seed.com

呪いの密室 -ミステリー脱出ゲーム-

呪いの密室 -ミステリー脱出ゲーム-

  • AppSeed, Incorporated.
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

www.youtube.com