AppSeedのアプリ開発ブログ

アプリ開発会社AppSeed(アップシード)開発担当のブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsや備忘録、アプリ開発に役立つ情報を発信します。

Admob広告は今後、アプリリリース時に表示できなくなりそう

先日、脱出ゲーム第2弾「忍者屋敷からの脱出」をリリースしました!

忍者屋敷からの脱出(謎解きゲーム)

忍者屋敷からの脱出(謎解きゲーム)

  • AppSeed, Incorporated.
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

 

無事リリースはできたのですが、前回のアプリリリース時と同様にiOS版のAdmob広告が表示されない問題に直面してしまい、予定していたリリース日が1週間程度延びてしまう結果となりました...

前回のAdmob問題はこちら↓

develop.hateblo.jp

 

今回は、Admob関連の問題を記録としてまとめておくのと、自分なりに今後の対策方法についてまとめておきたいと思います。

 

 

iOS版Admobがリリース直前に広告表示されない事態に

前回は、iOS版のAdMob広告がいっこうに表示されないので、iOS版はAdMobの変わりにNendを導入してリリースすることにしました。

ただ、Nendの広告単価がかなり低くて、リリース直後の一番収益性の高いタイミングでほとんど利益がない状態になってしまいました。

リリース後数日経ったら広告が表示されるようになったのですが、結局のところ何が問題だったのかわからず、リリース前の段階で動作確認中に本番広告を多めに表示してしまったせいなのかも?という感じでした。(何がいけなかったのかわからなかった...)

 

今回は、前回の反省点を踏まえて、開発中はテスト広告のみ表示するように注意して実装を進めました。そして、おおよそ完成していざ本番用広告に切り替えてみると、やっぱり一向に広告が表示されません。(Android版は普通に表示される)

 

今回、本番広告を表示しないように注意したのですが、結果として前回同様、広告が表示されない状態だったので、結局そのままリリースすることにしました。

(ある程度広告リクエストが増えたら本番広告表示されるだろうという見込み)

 

Appleからリジェクト

アプリで使用したAdmob広告は、インタースティシャル広告・リワード動画広告・バナー広告の3種類です。インタースティシャル広告は場面が切り替わるときに表示して、リワード動画広告は、謎解きのヒントで使用しました。

前回の経験を踏まえて、一定回数以上広告リクエストが表示されれば本番広告が表示されるようになる可能性が高いと思ったので、本番広告設定でiOSアプリを申請しました。

ですが、結果的にAppleからリジェクトをくらいました。

 

リワード動画がみられない為にヒントが使用できないことがリジェクト理由でした。

「本番広告が表示されるまではおおめにみてよ」って思ったのですが、

今までのAppleからのリジェクト経験上、こちらがごねると厄介なことになってしまうので、大人しくアプリを修正することにしました。

 

 

iOS版アプリリリースから2日後に広告が表示されるようになった

ヒント機能を非表示にして再申請したところ、無事Appleの審査を通りリリースすることができました。

そしてアプリリリースからだいたい2日後くらいにAdMob上でアプリをリンクさせることができるようになり、数時間後には広告が表示されるようになりました。

 

Admob広告は今後、アプリリリース時に表示できなくなりそう

 

TwitterでAdmob関連のツイートを調べてみたところ、以下のようなツイートを見つけました。

 

 

もしかしたら、iOS版のAdmobは、ストア上のアプリとリンクしないと広告表示されないように変更されたのかもしませんね。

 

とりあえずリリースはできましたが、リリース直後にバージョンアップしてヒント機能を再度追加する作業があったりするので結構厄介です...

 

AdMobからこんなメールがきてた

そういえば、つい最近AdMobからこんなメールがきてました。

 

Admob広告は今後、アプリリリース時に表示できなくなりそう

2021 年中に順次展開されます。05-2021より後にアプリストアとリンクされた新しいアプリは、審査と承認を受ける必要があります。審査が完了するまでは広告配信が制限されます。
収益化を行うアプリは、最終的にはアプリストアにリンクする必要があります。収益化の中断を防ぐため、アプリは公開と同時にリンクし、審査に提出することをおすすめします。

 

今後、Admobで収益化を行うアプリはアプリストアとリンクさせる必要があり、

審査を通過しないと制限がかかるっぽいです。

上記を見る限り、僕のアプリのiOS版で起こった問題はまさにこれが原因だったのかなと思いました。

Android版は今の所リリース時でも本番広告が普通に表示されますが、今後はストアとリンクさせて審査を通過するまでは広告が表示されなくなる可能性が高そうです。

 

Google Play Storeの審査も前より厳しくなった

そういえば、今回 iOS版だけじゃなく、Android版もGoogle Play Storeからリジェクトをくらってしまいました。Google Play Storeって、ちょっと昔まではリリース時の審査なしで大体1時間後くらいにはストアで表示されて、リリース後にGoogleのパトロールで引っかかったアプリがストアから削除されるって感じでしたが、今回は、アプリリリース申請後、大体2日後くらいに審査結果が届いて、問題なければリリースって感じでした。Google Play Storeからのリジェクトは、1つの文章の中に同じワードを2回使っているという細かい内容でした...

昔に比べると、だいぶ細かくて厄介になりましたね。

google play

 

AdMob広告を使ったアプリをリリースする場合の今後の方針

とりあえず自社アプリは今後もAdMob広告を使って行くと思います。(他に広告単価が良くて安定しているものがない限り)

今回の経験を踏まえて、今後の方針をまとめてみると以下です。

 

  • リワード動画機能無しの状態で一旦リリースする
  • リリース後、AdMobとストアをリンクさせて収益化させる
  • AdMobリンク後、リワード動画機能を追加してバージョンアップする

一応、今後作るAdMob広告使用アプリは上記のような方針でいこうと思いますが、

やはりアプリリリース直後がダウンロード数が一番伸びやすいし、一番収益性が高いので、リリース直後の売上がほぼないのは結構厳しいなと思いました。

(大企業なら広告出稿とかでどうとでもなるんだろうけども)