AppSeedのアプリ開発ブログ

アプリ開発会社AppSeed(アップシード)開発担当のブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsや備忘録、アプリ開発に役立つ情報を発信します。

Unityプロジェクトを開いたらフォルダ名等が文字化けして読めない場合の対処法

最近、プラグインやカスタムパッケージをたくさん入れているUnityプロジェクトを開くとたまに上のようにフォルダ名等が文字化けして読めない状態になることが結構あります。文字が読めないので開発が進まず困る現象なので、今後の為に対処法をメモしておきた…

Amazon AppStore向けアプリでAdMobを表示するための設定

以前、Amazon App Store向けのアプリでAdMob広告が表示されないために色々問い合わせたり設定を変えたりしてみたのですが、結局手持ちのKindle端末ではアプリの広告が表示できませんでした。つい先日、新作アプリが完成したので、そのタイミングでAmazon App…

iOSアプリをMacのAppStoreで非公開にする方法

少し前にM1チップ搭載のMacでiOSアプリが動かせるようになりましたが、M1チップ搭載のMacを自分が持っていないことやまだまだM1チップ搭載のMacのシェアは低いと思ったので、自分の開発したiOSアプリをMacで動作確認することを怠っていました。ですが最近に…

ATTダイアログがiOS14では表示されたのにiOS15では表示されなくなってしまった場合の対処法

最近、昔作ったiOSアプリをアップデートする為にアプリ申請を出したのですが、AppleからATT(App Tracking Transparency)の許可ダイアログに関するリジェクトを受けてしまいました。ATTダイアログに関してはiOS14リリース時に対応したはずでしたが、今回iOS15…

Androidアプリが「虚偽の広告に関するポリシーを遵守していません」のリジェクトを受けた場合の対処法

現在開発中のアプリをリリース準備の為に審査に出したのですが、「虚偽の広告に関するポリシーを遵守していません」という理由でリジェクトされてしまいました。今回はこのリジェクトに関する対処法をメモしておきたいと思います。

AppTrackingTransparency(ATT)の許可率を調べる方法

iOSのAppTrackingTransparency(ATT)を導入してからiOSアプリのAdMobの広告収入が大体1割から2割くらい落ちてしまったのですが、AppTrackingTransparencyの許可が広告収入にどのくらい影響があるのかいまいち把握できていませんでした。最近、AppTrackingTr…

AppTrackingTransparency(ATT)の文言でリジェクトされてしまった

iOS

iOSのAppTrackingTransparency(ATT)関連の対応は落ち着いたのですが、最近ATTの文言の内容でリジェクトを受けてしまったので今後のためにメモとして残しておきたいと思います。We noticed that your app requests the user’s consent to access the AppTra…

【Xcode】iOS14.7.1のiPhoneに実機転送できない問題の対処法

iOS

iPhoneのOSを自動アップデートの設定にしていた関係で、現時点で最新のiOSバージョンiOS14.7.1の端末をXcodeが認識してくれない問題が発生しました。色々と試した結果解消されたので、今後のためにメモとして残しておきたいと思います。Xcode(12.4)でいつも…

【Unity】Google Play App Signingに関するメモ

今月(2021年8月)からGooglePlayの要件が変更され、apkではなくappファイル(Android App Bundle)を使用することが必須になりました。Android App BundleではGoogle Play App Signingという署名機能で署名を行う必要があるのですが、このGoogle Play App S…

【Unity】Google Playのobbファイル廃止への対処法に関するメモ

obbが使えた時代はapkが100MB以上になった場合、apkとobbファイルを作成してGoogle PlayにアップロードすればOKでしたが、8月からはaabが150MBを超えた場合はPlay Asset Delivery等を使ってコンテンツダウンロードを行うような仕組みを実装する必要が出てき…