テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsを発信します。

Search Adsが日本で利用可能になったらしい!【App Store のアプリ宣伝機能】

https://i-cdn.phonearena.com/images/article/100355-image/Bizarre-chapter-in-Apple-iPhone-history-ends-with-iOS-11.2-update.jpg

 

 

iOSのアプリストア「App Store」でアプリを宣伝できる機能、「Search Ads」が日本でも利用できるようになったらしいです。

 

iphone-mania.jp

 

App Storeでキーワードや機種、位置情報などのターゲット情報を設定し、アプリを効率的にユーザーに紹介できる「Search Ads」機能が、日本を含む13カ国で利用できるようになりました。 

 

 

App Storeの広告「Search Ads」とは?

 

f:id:no-work-no-life-4081:20180824084509p:plain

 

Search Adsというのは、ユーザーが特定のキーワードでアプリを検索した場合、App Storeの検索画面の一番上に表示に表示できる広告です。

https://searchads.apple.com/jp/

 

また、Search Adsを使えば、App Storeでどのキーワードがどのくらいの検索ボリュームがあるのかなども調べられるらしいので、ASO対策としても利用できそうです。

 

 

「Search Ads」をはじめてみた!

 

とりあえず、どんなもんか試してみようということで、「Seach Ads」をはじめてみました。

 

まずは、「Search Ads」用のアカウント作成が必要らしいです。

Apple Developer アカウントの情報や、連絡先、電話番号などの入力が必要です。

 

f:id:no-work-no-life-4081:20180824085145j:plain

 

 

アカウントを作成したら、下のような画面になりました。

f:id:no-work-no-life-4081:20180824085306j:plain

 

まずはキーワード毎の検索ボリュームを調べたいなって思ったのですが、

どうやら、支払い情報などを入力する必要があるようです。

 

今日はちょっと時間を作れないので、土日か、時間のあるときに試してみようと思います。

 

とりあえず今日はここまで。