テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsやアプリ開発に役立つ情報を発信します。

【Unity】アイコン下のアプリ名をローカライズする方法(iOS編)

f:id:no-work-no-life-4081:20180901144946j:plain

前回、Unityでアプリのアイコン下のアプリ名をローカライズする方法のAndroid版を紹介しましたが、


develop.hateblo.jp


今回はiOSアプリのアイコン下のアプリ名をローカライズする方法について紹介したいと思います。


XcodeのPROJECT>Info>Localizations>Languageに追加したい言語を追加する


まず、XcodeのPROJECT>Info>Localizations>Languageにローカライズしたい言語を追加します。

Languageの一覧の下の「+」を選択

f:id:no-work-no-life-4081:20180908081952j:plain



候補の中から追加する言語を選択

f:id:no-work-no-life-4081:20180908082048j:plain




Unity-iPhone Tests>Supporting Files>InfoPlist.stringsに新しい言語用のファイルが追加されます。

f:id:no-work-no-life-4081:20180908082124j:plain





InfoPlist.stringsにローカライズ後のアプリ名を記述する


InfoPlist.stringsに新しい言語用のファイルが追加されたら、このファイルにローカライズするアプリ名を記述します。


/* Localized versions of Info.plist keys */

CFBundleDisplayName = "ローカライズ後のアプリ名";

最後にTarget Membershipの項目「Unity-iPhone」と「Unity-iPhone Tests」にチェックを入れます。


f:id:no-work-no-life-4081:20180908082545j:plain



これでビルドしてiPhoneの言語設定を新しく追加した言語にしてみて、アプリアイコンの下にローカライズした言語が表示されれば完成です。





関連記事:
【Unity】アイコン下のアプリ名を変更する方法 - テクノモンキーのアプリ開発日記