テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsやアプリ開発に役立つ情報を発信します。

個人アプリ開発で月100万円の売り上げを達成した人のエピソードが面白い

https://3.bp.blogspot.com/-G8t4htGXy8g/VXOUdjGtGhI/AAAAAAAAuLI/wU6gnpTOrYA/s400/smartphone_app.png

アプリのマーケティング手法や、アプリ開発者へのインタビュー記事などで人気の「アプリマーケティング研究所」さんで、興味深い記事を読んだので紹介します。

 

appmarketinglabo.net

 

こちらのアプリ開発者さんは「1年以内に月100万円行かなければアプリ開発の専業を引退する」という覚悟で望み、見事月100万円の売り上げ目標を達成したそうです。

 

僕自身も過去に個人アプリで飯を食ってやるぜ!って宣言したことはあるんですが、結局未だ達成できておらず。。。

月100万円達成は素直にすごいなと感じます。

 

最近では「個人アプリ開発は稼げない」という声が多く上がりつつある中、個人アプリで月100万円という夢のある話なので、これだけでも十分読んでいて楽しいのですが、

 

実際にアプリをリリースしてからどんな施策を行って売り上げを増やしたのか?

とかどうゆうことをしたら効果があったのか?

ってことを教えてくれていたりするので、

 

個人でアプリ開発している人は学ぶべきことがたくさんありそうです。

 

 

個人的に勉強になったのは以下の点です。

・アプリのやめ時の調査と、アプリを継続してもらうための仕組み

・課金タイミング・動画リワード広告の表示タイミング

・バグ報告してくれたお礼を行うことで、品質向上とファンを獲得

 

 

いいものを作るために努力していれば、売り上げやファンが自然とついてくるのかもしれないなーと思いました。

 

アプリ開発って、すごいアプリを作るよりも、作ったアプリをユーザーと一緒にいい者にしていく姿勢が大事なのかもしれないです。

 

どうしたらユーザーが喜んでくれるかを考えることや、不具合報告・追加要望に真摯に向き合って行くことの大事さを感じたので、今後のアプリ開発に活かして行きたいと思います。