テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsやアプリ開発に役立つ情報を発信します。

【iOS】ipaファイルの作成方法

今までは開発中のiOSアプリをチームに共有したい場合、TestFlightにアップロードして共有していましたが、最近ipaファイルを渡す方法を試してみたのでやり方をメモしておきたいと思います。

Xcode Ver 11.2.1)

 

Xcodeipaファイルを作成する方法

Xcodeipaファイルを作成したい場合、以下の手順で作成できます。

 

1.Xcodeアーカイブを作成

【iOS】ipaファイルの作成方法

 

2.Xcodeの「Organizer」を起動する

【iOS】ipaファイルの作成方法

 

3.「Organizer」->「Archives」-> 「Distribute App」

【iOS】ipaファイルの作成方法

 

4.Select a method of distribution ->「Development」

3.「Organizer」->「Archives」-> 「Distribute App」

 

5.Development distribution options ->「Next」

4.Select a method of distribution ->「Development」

(Rebuild from Bitcodeにチェックが入っているとApp Storeにあげる場合と同じような手法になるので出力に時間がかかるため、デバッグの段階では外した方が出力時間の短縮になる)

 

5.Re-sign

5.Development distribution options ->「Next」

XcodeApple Developerアカウントでログイン済みの場合は「Automatic manage signing」でOK

 

6.Export

5.Re-sign

設定が終わったらこの画面になるので「Export」を押せばipaが出力できる。

 

6.Export

6.Export

ipaファイルやplistファイルを含んだファイルが出力される。

 

 

ipaファイルをiPhoneにインストールする方法

作成したipaファイルは、以下のようなアプリでiPhoneにインストールできるようです。

Apple Configurator 2

Apple Configurator 2

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

apps.apple.com

【iOS】ipaファイルの作成方法

参考:.ipa ファイルを iPhone にインストールする - Qiita