テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsやアプリ開発に役立つ情報を発信します。

Webページに設置したTwitterボタンで共有するテキストを後から変更する方法(力技)

f:id:no-work-no-life-4081:20190411100251p:plain


develop.hateblo.jp


前にWebページにTwitterなどのSNSボタンを設置する方法を書いたのですが、この方法だと共有するテキストが固定されてしまうので、後からテキストの内容を変更したいって時に不便です。

最近作った「令和カウンドダウンタイマー」で「Twtterボタンで共有するテキストを後から変更したい」って時があったので、対処方法を考えてみました。



Twitterボタンで共有するテキストを後から変更する方法(力技)

検討した結果、力技にはなりますがPHPを使えば変更できなくないようです。

<?php

function setTwitterText(){
	echo '<div class="twitter">
			<a href="https://twitter.com/share?ref_src=twsrc%5Etfw" class="twitter-share-button" data-size="large" data-text="';
	echo '任意のテキストを設置する';
	echo '" data-url="" data-show-count="false">Tweet</a><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
		  </div>';
}
?>

「 setTwitterText()」をHTMLのTwitterボタンを設置したい箇所に書けばOKです。

簡単な解説をすると、PHPを使ってHTMLを出力する方法を応用して、TwitterボタンのHTMLを出力する際に共有するテキスト部分を差し替えるって感じです。

もっとちゃんとやるなら、Twitterボタンを自作して、共有するテキストをJS等で後から変更できるようにカスタマイズする感じになると思いますが、とりあえず今のところはこの方法でも運営上、問題ないので、ちゃんとやるバージョンは後から実装したいと思います。


関連:
kijimapp.com
develop.hateblo.jp
techno-monkey.hateblo.jp