テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsやアプリ開発に役立つ情報を発信します。

App StoreのiOSアプリ提出要件追加!iPhoneXS MaxとiPad Proの対応が必須になるらしいぞ!(3月27日から)

App StoreのiOSアプリ提出要件追加!iPhoneXS MaxとiPad Proの対応が必須になるらしいぞ!(3月27日から)



Apple Developerサイトによると、3月27日からApp Storeのアプリ提出要件に「iPhoneXS MaxとiPad Pro」への対応が追加されるそうです。

iOSアプリを配信している人は早めに準備しておいた方が良さそうですね。

 

3月27日からiPhoneXS MaxとiPad Proの対応が必須に

 

Apple Developerサイトに以下のニュースが追加されました。

 

developer.apple.com

Upcoming App Store Submission Requirements

iOS 12 is now running on more than 80% of devices worldwide. Make sure your app delivers a great user experience by seamlessly integrating with the latest advances in iOS. Starting March 27, 2019, all new apps and app updates for iPhone or iPad, including universal apps, must be built with the iOS 12.1 SDK or later and support iPhone XS Max or the 12.9-inch iPad Pro (3rd generation). Screenshots for these devices will also be required. All new apps and app updates for Apple Watch will need to be built with the watchOS 5.1 SDK or later and support Apple Watch Series 4.

Understanding Changes in Memory Accounting
iOS 12 and tvOS 12 require apps to use memory far more efficiently than before. If you have difficulty reducing your app’s memory requirements, contact us to request an entitlement for your app to use iOS 11-style memory accounting.

 

 Google翻訳するとこんな感じ↓

 

今後のApp Storeの提出要件

iOS 12は現在、世界中の80%以上のデバイスで動作しています。iOSの最新の機能とシームレスに統合することで、アプリが優れたユーザーエクスペリエンスを提供するようにしてください。2019年3月27日以降、ユニバーサルアプリを含むiPhoneまたはiPad用のすべての新しいアプリとアプリの更新は、iOS 12.1 SDK以降で構築され、iPhone XS Maxまたは12.9インチiPad Pro(3rd generation)をサポートする必要があります。これらのデバイススクリーンショットも必要になります。Apple Watch用のすべての新しいアプリとアプリのアップデートは、watchOS 5.1 SDK以降で構築され、Apple Watch Series 4をサポートする必要があります。

メモリアカウンティングの変更について
iOS 12およびtvOS 12では、アプリは以前よりはるかに効率的にメモリを使用する必要があります。アプリのメモリ要件を減らすのが困難な場合は、iOS 11スタイルのメモリアカウンティングを使用することをアプリに許可するように依頼してください。

 

まとめるとこんな感じ↓

 

iPhoneXS Max,iPad Proのサポートとは?

iOS12.1以上のSDKとか、スクリーンショットを用意するのは理解したのですが、

「 iPhoneXS Max,iPad Proのサポート」は具体的に何をすればいいのかわからなかったので調べてみました。

Apple Developerのアプリ提出要件に関する記事によると、

developer.apple.com

 

全てのデバイスでセーフエリアの考慮や全画面の表示をする必要があるということなので、iPad ProやiPhone XS Maxで全画面表示とセーフエリアが正しく対応できていれば問題なさそうです。僕の場合はiPad ProやiPhoneXS Maxを持っていないので、シミュレータでテストすることになりそうです。

以下あたりを参考にすれば良さそう。

 

developer.apple.com

developer.apple.com

developer.apple.com

 

今回の新しいアプリ提出要件で対応すべきこと

 

この記事を書いているのが3月21日なので、あと6日くらいですが、

今回の新しいアプリ提出要件に対応する為に必要なのは、以下あたりかなと思います。

 

Xcode を10.1へアップデートしてビルド(iOS12.1 SDK対応)

・iPhoneXS Max,iPad Proを全画面表示・セーフエリアに対応させる

・iPhoneXS Max,iPad Pro用のスクリーンショットを用意する

 

(まだ取り組んでないので不足分があるかもです。やってみて足りないものがあったら追記したいと思います。)

 

 

3月27日からのアプリ提出要件に早めに対応したい

 

develop.hateblo.jp

前回のApple Developerの2ファクタ認証の対応も結構ギリギリになってしまったので、今回の新しいアプリ提出要件は早めに対応していきたいなと思います。