テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsやアプリ開発に役立つ情報を発信します。

アプリからAppStoreのレビュー画面へ遷移させる方法【iOSアプリ開発】

f:id:no-work-no-life-4081:20181019101214p:plain


iOSアプリで、アプリからAppStoreのレビュー画面へ遷移させる方法についてのメモ。



iOSアプリからAppStoreのレビュー画面を開く方法


iOSアプリからAppStoreのレビュー画面を開くのは以下の方法でできます。

(例)禁煙勇者のアプリのレビュー画面を開く場合

禁煙勇者-ゲーム感覚で楽しく禁煙達成にチャレンジ-

禁煙勇者-ゲーム感覚で楽しく禁煙達成にチャレンジ-

  • Youhei Kijima
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料


//禁煙勇者のアプリのレビュー画面を開く場合
let url = NSURL(string:"https://itunes.apple.com/jp/app/%E7%A6%81%E7%85%99%E5%8B%87%E8%80%85/id1301965082?l=ja&ls=1&mt=8&action=write-review")
UIApplication.shared.open(url! as URL, options: [:], completionHandler: nil)


内容的には、UIApplicationの「open(_:options:completionHandler:)」メソッドを使って、ストアのアプリURLを開きます。

open(_:options:completionHandler:) - UIApplication | Apple Developer Documentation


アプリURLの末尾に、「&action=write-review」のパラメータをつけることで、アプリのレビュー画面を開けます。


UIApplicationの「openURL」はDeprecated


ちなみに、UIApplicationの「openURL」でも同じようにURLをひらけますが、
openURL(_:) - UIApplication | Apple Developer Documentation

こちらは非推奨「Deprecated」になってしまったので、将来的なことを考えたら今後は「open(_:options:completionHandler:)」の方を使った方が良さそうです。


参考:
openURLがDeprecatedだったので、新方式に置き換える - しめ鯖日記