テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsやアプリ開発に役立つ情報を発信します。

XAMPPでPHPのタイムゾーンを変更する方法(Mac)

https://webnetarium.com/wp-content/uploads/2018/02/xampp.jpg

XAMPPでPHPの勉強をしていたら、PHPで取得した時刻の表示がおかしい事に気づきました。調べてみたら、デフォルトだとタイムゾーンが日本時間ではなく、ヨーロッパ時間になっているようなので、変更する事にしました。

今回は、「XAMPPでPHPタイムゾーンを変更する方法」についてのメモです。


XAMPPのPHPタイムゾーンを確認する方法

まず、XAMPPのPHPタイムゾーンを確認する方法についてですが、

XAMPPでPHPのタイムゾーンを変更する方法(Mac)
Mac版では「lampp/etc/php.ini」にある以下の部分にタイムゾーンの設定が記述してあります。

php.iniをテキストエディターで開いてtimezoneを検索すると早いです。)

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
date.timezone=Europe/Berlin

デフォルトでは、timezoneが「Europe/Berlin」に設定されているようなので、
ここを変更する必要があります。


XAMPPのPHPタイムゾーンを日本に変更する

PHPタイムゾーンを日本に変更するには、先ほどのphp.iniのtimezoneの部分を以下のように変更します。

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
date.timezone = Asia/Tokyo

そして、XAMPPを再起動すればOKです。
ちなみに、ネットで調べてみると、

date.timezone = 'Asia/Tokyo'

↑のように書いてあるサイトや、

date.timezone = "Asia/Tokyo"

↑のように書いてあるサイトもありました。
どれでも大丈夫だと思いますが、もし設定変更してXAMPPを再起動してもうまく行かない場合は、上記の書き方を試してみてもありかもですね。