テクノモンキーのアプリ開発日記

テクノモンキーの開発ブログです。iOS、Android、Unity、Cocos2d-xなどアプリ開発関連のTipsやアプリ開発に役立つ情報を発信します。

【Unity】Android版の64bit対応でやるべきこと

developers-jp.googleblog.com

2019 年 8 月 1 日以降:

  • ネイティブ コードを含むすべての新規アプリとアプリのアップデートを Google Play で公開する際に、32 ビット版に加えて 64 ビット版の提供が必須になります。
  • 延長期間: Unity 5.6 以前を使っている既存のゲームの場合、Google Play は 2021 年 8 月まで 32 ビットのみのアップデートを受け入れます。

 Googleによると2019年8月1日以降、Google Playで公開するアプリには64bit対応が必須になるそうです。

最近Google Playにアップしたアプリでも、64bit対応を勧める警告が表示されるようになってしまったので、今のうちに対応しておくことにしました。

今回は、Unityで作ったAndroid版アプリの64bit対応に関する備忘録です。

 

Unityで作ったAndroidアプリを64bit対応させる場合やるべきこと

64bit対応と言っても、やるべきことはそんなにありません。

Unityで作ったAndroidアプリを64bit対応にする場合は、

「Build Settings」>「Other Settings」>「Configuration」>「Scripting Backend」を

「Mono」から「IL2CPP」に変更して、「Target Architectures」の「ARM64」にチェックを入れてビルドすればOKです。

【Unity】Android版の64bit対応でやるべきこと

 

ただし、IL2CPPではビルド時にNDKが必要になるので、NDKをインストールしてUnityでパス設定しないとエラーが出てビルドできません。

【Unity】Android版の64bit対応でやるべきこと

 

あとNDKをインストールする際の注意点として、Unityに指定されたNDKバージョンをインストールすることが重要です。

【Unity】Android版の64bit対応でやるべきこと

対応していないNDKバージョンだと、ビルドエラーが発生したり、ロケーションパスが通りませんでした。(僕の場合はNDK r16bが必要でした)

 

以上の設定でビルドして再度Google Playにapkをアップロードしたら64bit未対応の警告が消えました。

Androidの64bit対応はこれから必須になるらしいので、早めに慣れておこうと思います。